前へ
次へ

インフルエンザの注射が効くとは限らないこと

冬になると思い出すことがあります。それは、小学生の頃、インフルエンザの注射をしてすぐにインフルエンザに掛かってしまった出来事です。しかも、1回だけでなく2年連続で同じくインフルエンザに掛かってしまったのです。後年、医師にその話をしたところ、必ずしも予防接種の効果が出るとは限らないということでした。型が異なれば予防接種は効果を発揮しないため、結果的に予防接種をしたとしても効果はありません。注射をしても疫病にかかることはよくあることだと言われました。予防接種をしていたからか、あまり深刻な病状にならなくて済みましたが、それ依頼予防接種をすることがなくなりました。もちろん、子供やお年寄りは免疫力がないので、予防接種をするに越したことはありません。子供やお年寄りは予防接種を推奨しているので、通常よりも安く注射を打つことができます。子供の場合、1回では効果が出ないとのことで、通常2回の摂取が必要になるようです。社会人もインフルエンザに掛かってしまった場合、一週間は出社することができなくなってしまうので、予防をすることはとても重要です。感染する病気だということもあって、その病気にかかった場合には出勤や投稿をすることができなくなり、1週間は自宅で療養することが必要です。病気が軽いケースなら良いですが、症状が重くなると肺炎などを併発する恐れがあるので、あまり軽く見てはいけません。また、最初の方は自覚症状が出にくいこともあるため、熱が出たり倦怠感がある場合には、できるだけ早く病院にかかって診てもらうようにしたいところです。病気にかかっていることを知らずに出社をしたり、学校へ登校してしまうと、病原菌を撒き散らし、感染の拡大を招いてしまいます。自分で調子が悪いと判断したら、速やかに病院にかかって診断を仰ぐことが大切なことです。予防できるのであれば予防に越したことがないので、予防接種は受けておいたほうが良いです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top